北海道・留萌市内の海岸に大量の「波の花」が押し寄せ、強風にあおられ、大量に舞っている。波の花は海水中の植物プランクトンの粘液が荒波にもまれ、波打ち際で泡立つ現象とされ、風が強く波が高いときに現れやす...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)