残り16秒。焦る相手が距離を詰めてきたところだった。得意の上段蹴りを一閃(いっせん)。優勝を決定づける3ポイントを奪い取った。空手少年男子組手個人の立花(神戸第一高)は決勝も最後まで攻め抜き、全国総...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)