合わせて32得点。2トップの決定力が、苦しい試合を一転させた。清水は前半21分、大前が一瞬の隙を逃さなかった。町田のヘディングのバックパスを奪い、GKとの1対1をループで決めた。「その前のプレーでも...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)