優勝候補の栃木の壁はあまりに厚かった。前半だけで41点差をつけられ、早々に勝負は決まった。「手も足も出なかった」と主将志村。淡々と振り返る表情に危機感がにじんでいた。  第1クオーターから守備が崩壊...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)