藤沢・江の島で開かれる二〇二〇年東京五輪セーリング競技を巡り、開催費用の県負担が膨らむことへの懸念が、県議会で上がっている。本来ならば五輪組織委が担う仮設施設整備などの費用を、自治体側に負担させる案...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)