後期の高知ファイティングドッグス(FD)は、ここ数年に感じられなかった“得点の匂い”が漂っていた。リードを許していても、「負ける気がしなかった」と選手たちは振り返る。しかし、「あの打球を捕球していた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)