リオデジャネイロ五輪陸上代表の野沢啓佑(巨摩高-早大-ミズノ)が成年男子400メートル障害予選に登場。決勝に進んだ8人中、最も遅いタイムでの通過と薄氷のレースになっった。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)