長崎原爆被災者協議会の谷口稜曄会長は7日、今年も日本原水爆被害者団体協議会(被団協)や被爆者がノーベル平和賞に選ばれなかったことを受け、長崎市で「核兵器廃絶運動が認められず、ふに落ちないところもある」...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)