2020年東京五輪・パラリンピックの施設整備計画が経費の膨らみなどを巡って揺れる中、隣の韓国・平昌(ピョンチャン)では18年2月に迫る冬季大会の準備が急ピッチで進む。同じアジア開催の成否は東京の盛り...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)