「うれしい。力を出し切れた」。セーリング少年女子420級で鳥取・境高の3年池淵砂紀、2年福田ゆいペアが準優勝。8月の中国総体(インターハイ)で入賞を逃した悔しさを晴らした。  今夏、和歌山市沖で行...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)