あと1点を失えば相手のマッチポイント。電光掲示板が無言の圧力をかける。ゲームカウント1-1で迎えた第3ゲーム、16-19。リオデジャネイロ五輪バドミントン女子決勝に臨んだ高橋礼華、松友美佐紀組(日本...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)