ブラジルの名門サッカークラブ「サンパウロFC」のジュニアチームが7~15日の日程で12年ぶりに最上町を訪れ、親善試合や芋煮会を通じて地元の子ども、町民と交流を深める。同町のもがみ国際交流協会(押切政...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)