大相撲の横綱千代の富士として絶大な人気を集め、七月三十一日に六十一歳で亡くなった先代九重親方(本名秋元貢、北海道出身)の「お別れの会」が一日、東京都墨田区の両国国技館で営まれた。約五千人が献花し、昭和...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)