北海道警と第1管区海上保安本部(小樽)は30日、石狩地方の大地震を想定し、合同防災訓練を行った。土砂崩れで一部地域が孤立したと想定。1管の巡視船に警察官を乗せ、住民の救助などで連携を確認した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)