総工費約1490億円の工事契約を近く結ぶ方針を了承した30日の、政府の新国立競技場の関係閣僚会議で、2020年東京五輪・パラリンピック終了後の利用、運営についての検討状況も報告された。政府は既に民...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)