4連敗の鬱憤(うっぷん)を晴らす猛攻だった。両軍の投手が一歩も譲らぬまま迎えた1-1の六回、東北楽天は今季1イニング最多8得点で一気に勝利を引き寄せた。  六回、見せ場はウィーラーの2点勝ち越し打だ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)