東北楽天は六回に8得点で突き放して大勝した。連敗を4で止め、今季の5位以上が決まった。1-1の六回、ウィーラーの2点打で勝ち越すと、さらに聖沢諒の適時打などで6点を重ねた。先発塩見貴洋は8回2失点の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)