鳥取市教委は29日、鳥取城跡大手登城路の復元に伴う発掘調査で、藩主が飲む水をくみ上げていた「車井戸」と、水路の流速を調整する滝つぼ状の遺構が見つかったと発表した。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)