被爆樹木で作った笛「パンフルート」の演奏に取り組む広島市中区の千田小の児童が、広島東洋カープの応援歌「それ行けカープ」の練習に励んでいる。日本シリーズが始まる10月22日、原爆ドーム対岸の元安川親水...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)