政府は30日、2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場に関する関係閣僚会議を首相官邸で開き、施工する大成建設などの共同企業体と総工費約1490億円で近く工事請負契約を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)