リオデジャネイロ五輪の女子7人制ラグビーで日本代表9人を輩出した「アルカス熊谷」の出場報告会が28日、熊谷市内で行われた。  アルカス熊谷の主将で日本代表の竹内亜弥選手(30)が「日本が世界一を目...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)