優勝の瞬間を待ちかねていた選手たちが、両手を突き上げてマウンドで絶叫する大谷へ向かって走り、歓喜の輪をつくった。敵地・西武プリンスドームの右翼席を埋めた日本ハムファンの歓声に包まれ、栗山監督は8度、...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)