二〇二〇年東京五輪・パラリンピックの開催費用などを検証している都政改革本部の調査チームは、七月に着工されたボート・カヌー会場の「海の森水上競技場」など三施設について、建設中止を含めた抜本的な見直しを...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)