学法石川の関口夏樹(1年)は2回から登板、強豪聖光学院に1点を許したものの、堂々の投球を見せた。「調子は良かったが、チームの流れを引き寄せるような投球ができなかった」と悔やんだ。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)