先発・吉川という栗山監督の勝負手は結果的に裏目に出てしまった。4年ぶりのリーグ優勝がかかった大一番を託された背番号34。8月24日以来の先発マウンドは、伏兵に浴びた痛恨の「2発」に沈んだ。  胴上...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)