リオデジャネイロ・パラリンピックの女子マラソン(視覚障害)で銀メダルを獲得した道下美里選手(39)が26日、自宅のある太宰府市の市役所を訪ねた。市役所前の回廊状アプローチから知人に手を取られて現れた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)