58人が死亡、5人が行方不明となった御嶽山(長野・岐阜県、3067メートル)の噴火は27日、発生から2年を迎えた。麓の長野県木曽町では、遺族や地元自治体関係者らが出席して追悼式が開かれ、発生時刻の午前...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)