六回に打線がつながった。3連続長短打に3四球を絡めて3得点。陽岱鋼の先制弾で動きだした試合の流れを一気に引き寄せた。  「ダイさん(陽岱鋼)の本塁打の流れでいけた」と先頭の近藤が右翼線二塁打で出る...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)