菊池の守備範囲の広さが光る。送球で走者をアウトにする補殺の数は12球団トップの519。2リーグ分裂以降、二塁手の歴代ランキングでは、自身が持つ2014年の535、13年の528に次ぐ記録となり、トッ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)