等々力競技場が沸き返りました。25日、横浜Mとの神奈川ダービーは、Jリーグ史上、記録に残る激戦といっていいでしょう。前半、GK新井章太の2度の負傷治療で長時間の中断があり、ロスタイムは「9分」の表示...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)