第44回中国サッカーリーグは25日、岡山市内で最終18節5試合が行われた。松江シティFCはNTN岡山を3-1で下し、通算12勝4分け2敗、勝ち点40と伸ばしたが、首位SRC広島がデッツォーラ島根を3...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)