格上とされてきた旧ナショナルリーグ(NBL)チーム相手に健闘できたのは、2試合を通じ、苦しい時間帯にもディフェンスで我慢できたことが大きかった。ガード水町亮介は「点差を離されそうになっても持ちこたえ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)