横浜市神奈川区の大口病院で点滴に界面活性剤(界面剤)が混入され入院患者の八巻信雄さん(88)が殺害された事件で、神奈川署特別捜査本部は院内での点滴の保管状況を調べるため、25日以降、薬剤を取り扱う部署...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)