試合終盤、川崎に初めてリードを許しても、三遠の選手の集中力は途切れなかった。残り4秒、フリーの田渡が外角でボールを受け、シュートを放った。ボールはきれいな放物線を描いてリングに吸い込まれ、会場は歓喜...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)