今季トップ下が定まらないJ1広島は、25日の浦和戦で茶島の機動性を攻撃に生かす。前節の鳥栖戦でゴールを奪ったプレーに、「判断に迷いがなくなり、連係もスムーズになってきた」と森保監督。リーグ最少失点の...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)