マジックナンバー点灯から一夜明け、打線は小休止。楽天の先発・釜田に手を焼き、六回までわずか2安打。反撃を告げる陽の適時打は、終盤七回にようやく飛び出した。  「1点ずつ取っていこうと思っていた。悪...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)