大相撲の元力士が、陸上に転向して再出発を切った。元幕下大地で、3月に角界を引退した森大地(22)が、高砂市立宝殿中時代に同年代で日本一に輝いた砲丸投げに7年ぶりに挑戦。「自分がやってきたことが失敗だ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)