徳島県は、2020年の東京五輪・パラリンピックの大会公式エンブレムに藍色が採用されたことを受け、阿波藍の魅力発信に力を入れる。藍染体験ツアーをはじめとする各種PR(800万円)や、食用藍の普及(70...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)