2020年に開催される東京五輪の関係者らをかたり、入場券購入の現金振り込みの依頼や寄付などを求める不審な電話が、広島、山口など中国地方4県で今年に入って少なくとも計60件あったことが、各県警のまとめ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)