日銀は21日の金融政策決定会合で、金融政策の枠組みを抜本的に修正し、目標をお金の「量」から「金利」に転換することを決めた。現状のマイナス金利政策を維持するとともに、長期金利を0%程度に誘導する新たな目...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)