政府は21日夕、原子力関係閣僚会議を開き、日本原子力研究開発機構の高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について、廃炉を前提に抜本的に見直す方針を確認した。菅義偉官房長官が明らかにした。もんじゅ抜きで...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)