東北楽天の茂木栄五郎が今季2本目のランニング本塁打を放った。1シーズン2本は1992年の川相昌弘(巨人)以来という球史でも珍しい記録となった。  七回2死から、真ん中低めに来た変化球を強振すると、打...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)