ソフトボール男子の全日本総合選手権最終日は19日、愛媛県八幡浜市の王子の森スタジアムなどで準決勝、決勝があり、平林金属ク(岡山)が決勝でダイワアクト(佐賀)に2―1で競り勝ち、4年ぶり3度目の優勝を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)