沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は19日、同県南城市のサキタリ洞遺跡から、世界最古となる約2万3千年前(後期旧石器時代)の釣り針が出土したと発表した。巻き貝製で、旧石器時代の漁労具は国内でも初の発見。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)