競輪で四十年間にわたり競技生活を走り続け、現役最年長を誇る日本競輪選手会茨城支部の永沢豊選手(59)の表彰式が十四日、取手市の取手競輪場で開かれ、永沢選手に県自転車競技事務所から賞状と副賞が贈られた...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)