INAC神戸が完封勝利を収め、連敗を3で止めた。立役者は岡山湯郷から移籍後初先発したGK福元。32歳のベテランが要所を抑え、「守り切ることができてうれしい」と笑みをこぼした。  2011年ワールド...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)