左四つに組んだ遠藤は、けがが癒えた両足に目いっぱい力を込めた。勢の小手投げを右足一本で耐えると、すかさず右の前みつを取って出し投げを打ち、体勢を崩す。よろめく相手に左足を軸にして飛び込み寄り倒し。人気...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)