身体障害者らでつくる九州パラ陸上競技協会が17日、阿蘇市の農村公園あぴかで合宿を始めた。訪れた県内外の約30人が18日まで、投てき種目を中心に競技力を磨く。  同協会は10年前の発足後、車いすの走...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)