東北楽天打線は好機に一本が出なかった。五、六回に計5四球を選んで2度の満塁機を築き、七回は藤田の二塁打から1死三塁としたが、いずれも得点に結び付けられなかった。梨田監督は「チャンスは西武よりあった。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)