(県武道館=17日)  団体と個人3階級が行われ、埼玉栄勢同士の顔合わせとなった個人無差別級決勝は塚原隆明が斎藤大輔を突き落としで下し、初の栄冠を獲得。同重量級は光宗泰成(埼玉栄)、同軽量級は小山...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)